シロアリ対策には被害に遭いやすい場所を知る!雨漏りとの関係とは?

シロアリは雨漏りに引き寄せられる!どこから修理が必要? シロアリは雨漏りに引き寄せられる!どこから修理が必要?

何故雨漏りするとシロアリが発生しやすくなるの?

シロアリ

雨漏りによってシロアリ被害が発生するのは何故でしょうか。雨漏りとシロアリの関係とは?雨漏りとシロアリの2つの被害によって住宅は蝕まれていきます。まずは、シロアリの発生原因から詳しく見ていき、理解しましょう。

シロアリが発生している住宅のほとんどが雨漏りから

雨漏りが原因でシロアリが発生するケースは8割にも及びます。では何故シロアリは雨漏りが起きている住宅に発生してしまうのでしょうか。それは、雨漏りによって作り出される環境が、シロアリにとって好条件だからです。シロアリは木材を食べますが、食料があるだけではなく湿度が高い場所を好みます。雨漏りで湿度は高くなりますが、その際に木材が水を吸います。木の含水率が20%になり、湿度が85%以上になると木材を腐らせる菌が発生し、シロアリを引き寄せてしまいます。

シロアリが好む条件はどんなもの?

シロアリが好むのはどんな環境ですか?
湿気を好むシロアリは風通しが悪く閉鎖的な環境を好みます。このような環境の場所は雨漏りすると湿度も溜まりやすいので、シロアリが棲みつきます。シロアリは木材を食べますが、周りからではなく木の内部から食べすすめていくので、気が付きにくいことがあります。警戒していないと、住宅に異変が起きない限り気が付かないこともあります。
特にどんな場所に発生しやすいですか?
シロアリが発生しやすい場所は、浴室や台所、トイレなどの水回りや、床下、玄関、柱などに発生しやすいです。湿気を好むという性質から水回りに発生しやすくなっています。しかし、玄関や床下も侵入しやすい場所なので被害は多いです。シロアリが発生しやすい場所が分かると、その場所を中心にシロアリ対策が出来るので覚えておくと良いでしょう。

TOPボタン