シロアリ対策と雨漏り対策~業者に頼らずに自分で出来ること~

シロアリは雨漏りに引き寄せられる!どこから修理が必要? シロアリは雨漏りに引き寄せられる!どこから修理が必要?

雨漏りからシロアリ被害に遭わないために

女性

雨漏りによってシロアリ被害に遭わないためには、駆除した後もしっかりシロアリ対策を行うことが大切です。住宅を守るために出来るシロアリ対策は、どのようなことを行えばいいのでしょうか。出来る対策方法は早めに実行しましょう。

雨漏りしないための対策をしておこう

住宅が雨漏りするとシロアリを引き寄せやすくなります。屋根や壁、ベランダにヒビ割れや破損があるとそこから雨漏りが発生するため、自らシーリングで補修する人もいるのではないでしょうか。ヒビ割れなどをそのままにしておくよりも、補修をした方がよいです。しかし、シーリングだけでは完全な防水対策にはならないことも覚えておきましょう。シーリングでうまく修理出来ても寿命が5年ほどと短いため、応急処置にしかならないことを覚えておきましょう。

シロアリを再発させないためには

定期的に調査することが大事(30代/男性 シロアリ駆除業者)

シロアリ駆除業者に依頼して完全に駆除出来ても、その後のシロアリ対策がきちんと出来ていないと再発する可能性は十分にあります。再発を早期発見するためには定期的な調査を依頼しましょう。期間内であれば駆除後の定期調査を無料で行ってくれる業者もあります。そのため、業者に確認して、自分では見ることが出来ない場所の調査をしてもらいましょう。シロアリだけでなく雨漏りの発見も出来ますよ。

シロアリの住みやすい環境を作らないこと(30代/男性 シロアリ駆除業者)

定期調査に加えてシロアリが好む環境を作らないようにすることも大切です。シロアリ対策で出来ることは、床下や水回りの換気を良くして湿気を逃がすことや雨漏りの修理、住宅の周囲にプランターや廃材などを置かないことなどです。なるべくシロアリが好む木材と湿気を溜め込まないように注意しましょう。

TOPボタン