雨漏りしやすい場所~シロアリ対策の前に雨漏りする箇所を知る~

シロアリは雨漏りに引き寄せられる!どこから修理が必要? シロアリは雨漏りに引き寄せられる!どこから修理が必要?

シロアリ対策は雨漏りしやすい箇所を知ることから

シロアリ対策をしっかりと行うには、住宅の雨漏りしやすいポイントをきちんと把握しておくことが大切です。シロアリ被害を未然に防ぐためにも、雨漏りしやすい箇所をチェックしてみましょう。チェックは、出来る範囲で行うようにしましょう。

雨漏りしやすい箇所をチェックしよう

屋根
屋根は一番雨漏りの被害に遭います。気温や気候によって屋根の劣化から、破損やヒビ割れなどが起きてしまい、そこから雨水が侵入してしまいます。劣化していなくても、何かしらの被害でこのような状況に陥ることも少なくありません。
外壁
壁からの雨漏りも屋根に続いて多く、業者の施工不良や劣化が原因で雨漏りしてしまいます。定期的なメンテナンスをせずに、防水効果が下がってしまうと、壁の破損やヒビから雨水が侵入してしまいます。壁の状態も注意して見ると、小さなヒビなどを発見出来ます。
ベランダ
ベランダは、防水シートが劣化、破損すると雨漏りします。劣化によって小さなヒビ割れや剥がれでも、歩いたり雨風にさらされたりと状況が悪化してしまいます。ベランダのチェックは、まず防水層を見てみましょう。

シロアリの通り道は住宅の至るところに!

シロアリの被害に遭うのは木造住宅だけではありません。鉄筋コンクリートやレンガプラスチックなどでもシロアリは食べ進んで行きます。シロアリがいれば防水工事をしてもかまわずに食べつくしていきます。シロアリの被害が進行していけば、住宅はどんどん弱くなっていきます。弱くなった住宅歯ひび割れや破損をして雨漏りの被害に遭います。すでに雨漏りの被害に遭っている住宅なら、シロアリの被害とともに雨漏りの被害も進行していくことになります。

TOPボタン